アクチュアリー

アクチュアリーの仕事と資格

アクチュアリーとは

アクチュアリーとは、保険や年金の配当金や、掛け金の計算を行うスペシャリストです。

別名「保険数理士」とも呼ばれています。死亡率や病気発生率、事故発生率の調査などを通してデータ分析を行い、保険料の金額を決めていきます。

また、収支を予測して、新しく保険商品を設計したり、保険事業費の管理や保険・年金業界の調査と分析も行います。

アクチュアリーの職場には、保険会社や信託銀行、官公庁などがあります。アメリカだとアクチュアリーは、独立開業する人が多いそうです。

アクチュアリーになるには、アクチュアリー資格試験に合格することです。アクチュアリーの資格を取るのはとても難しく、2~8年ほどかかると言われています。1回の受験で全科目合格する必要はなく、合格した科目は次回から免除することができます。

大学卒業後に保険会社などに就職して、会社からの援助を受けながら、アクチュアリー講座などに参加して勉強を行い、受験するのが一般的になっています。

アクチュアリーは数字に強く、数理の応用能力に長けていることが必須です。保険商品に対する利用者の、死亡率や災害事故率が予想を大きく上回ってしまうと、保険会社の経営や存続に大きくかかわるので、アクチュアリーはとても責任重大な仕事です。

また、保険会社の決算書を主務大臣に提出する際には、アクチュアリーから選任された 保険計理人が確認しなければならず、優秀なアクチュアリーが求められています。

資格名

アクチュアリー

分類

民間資格

受験資格

大学卒業者、または大学卒業程度の学力がある者

試験内容

<1次>数学、生保数理、損保数理、年金数理、会計・経済・投資理論
<2次>

  • 生保コース…保険商品の実務など。
  • 損保コース…損保商品の実務など。
  • 年金コース…適格退職年金制度、年金関係税務・会計など。
試験日

12月下旬

試験料

1科目7,000円

試験地

東京、大阪

合格率

約14%

問合せ先

(社)日本アクチュアリー協会 03-5548-6033