英文会計

英文会計の仕事と資格

英文会計とは

英文会計とは、アメリカの会計基準と原則をもとにした会計学のことです。日本での会計学は簿記が基本となっており、アメリカでも同様となっています。

おもに貸借対照表と損益計算書を使って、英語で経営状態を示す書類を作成します。金融業界も国際化が進んでおり、外資系企業が親会社のあるアメリカなどに財務状況を 報告するときや、海外で製造・販売を行う日本企業など、英文会計が必要な状況になっています。

英語力はもちろんのこと、毎日の会計業務を帳簿に正確に記録していき、その帳簿をもとに財務諸表を起こしていく知識と技能が必要になります。

正確に仕事を こなしていくことができ、根気のある人が英文会計の仕事に向いているでしょう。資格には、英文会計検定試験があります。

経済・企業の国際化に対処するためのアメリカ会計理論と、帳簿組織の仕組みを多くの人が精通することを目的とされた検定試験です。外資系企業の経理部門などに就職・転職したい方や、海外で経理の仕事がしたい方にとって、有利となる資格でしょう。

アメリカ会計理論は 世界のトップ水準と言われており、今後も国際化が進むにつれて、英文会計の仕事もますます活躍の場が広がっていくと予想されています。

資格名

英文会計検定試験

分類

民間資格

受験資格

特になし

試験内容

<1級>英文管理会計・財務会計の深い知識と高い応用力
<2級>英文財務会計に関して全般的な理解と実務担当者に要求される知識
<3級>英文会計の基礎的原理、記帳・決算などに関する初歩的な実務
<4級>英文会計、簿記の初歩的な知識

試験日

5月。要お問い合わせ

試験料

<1級>7,300円
<2~4級>各5,300円
※ダブル受験可能。要お問い合わせ

試験地

札幌、仙台、東京、大阪、名古屋、広島、福岡、沖縄など

合格率

<1級>約15%
<2級>約35%

問合せ先

NPO英文会計検定協会 03-3237-2900